オリーブオイルの効能

タンパク質の吸収率

1991年スペイン グラナダ大学薬学部食品工学研究所の発表で,オリーブオイルを使用したペットフードを食したワンちゃんの便中のタンパク質量が他のオイルより40~46%低い値を示しました。つまり、オリーブオイルを使用したドッグフードを食べることで他のフードより40~46%も多くタンパク質を摂取できました。
タンパク質はワンちゃんの丈夫な筋肉やエネルギー、美しい皮膚と毛艶を作ります。

オレイン酸

オリーブオイルは植物アブラの中で最も多くのオレイン酸を含んでいます(ゴマ油の2倍、大豆油の3倍)。オイルが酸化すると体に有害な過酸化脂質となりますが、オレイン酸は最も酸化しにくいオイルで、しかも脂質代謝(脂質をエネルギーに代える)、糖代謝を活性化させるので、皮下脂肪の主成分である中性脂肪がつきにくくなり、整腸作用や胃健作用もあるので健康的に効果あるダイエットをするのに最適です。体に不可欠な善玉コレステロール値を下げることなく悪玉コレステロール値だけを下げるという点でも、リノール酸など他の種類の脂肪酸よりすぐれていることが調査により明らかになっています。

リノール酸、α‐リノレン酸

これらの必須脂肪酸は体内では作れず、食事でしか摂取出来ません。不足してしまうと体のあちこちに支障をきたしてしまいます。
リノール酸
リノール酸は血中コレステロールを下げる効果があります。
α‐リノレン酸
α‐リノレン酸は別名でオメガ3と呼ばれるものであり、健康的な体を作るのになくてはならない成分です。

ビタミン

オリーブオイルには、鉄分の吸収率を高めるのに不可欠なビタミンC、カルシウムの吸収率を高めるビタミンDが多く含まれています。他にもビタミン成分が豊富に含まれていますが、特に注目すべきなのは、ビタミンE(トコフェロール)です。これは抗酸化物質で老化や病気の元凶となる活性酸素を取り去る効果があります。

ポリフェノール

ポリフェノールはガンの因子といわれるピロリ菌の増殖を抑えたり、心臓や血管の病気を予防する効果があると言われています。さらに、オリーブオイルには、悪玉コレステロール値を下げるシクロアルテノール、便秘を解消する植物繊維も含まれています。

オリーブオイルは、地中海沿岸では不老長寿の秘薬として古くから使用されており、現代、世界中で注目されている地中海式ダイエットの要を担っています。地中海式ダイエットは2010年から世界無形文化遺産として登録されています。

Pyramid Pet Products(ピラミッドペットプロダクツ)社の製造するTuscan Natural(タスキャンナチュラル)ブランドのすべての製品にはエキストラヴァージンオリーブオイルがたくさん(30ml/kg以上)含まれています。